インプラント種類は

インプラントセラミックの違い

インプラントとセラミックの違い

インプラントは歯が抜けて、あるいは抜いて無くなった部分に、チタンでできた人工歯根をいれる治療です。セラミックは、全く金属を使いません。虫歯が重度に進行して神経が腐っている状態の歯の虫歯部分を削り取り、防腐剤を詰めます。防腐剤の上に土台を作り、セラミックの義歯を被せます。透明感が高く、自然で、自分自身の歯と同じ質感に出来上がります。インプラントと違い一人一人の自然な歯に合わせた色や形に作成されますので、より違和感が少なくなります。また、骨を削ったり、金属を埋め込むこともありませんので、痛みや治療期間も短くて済みます。

セラミックの歯について

インプラント治療の一環で取り付けることができる人工の歯は、セラミック製が主流になっています。保険適応外の治療であるため、美しさと機能性を追求した歯を作り上げていくことができるため、理想的な歯に近づけていくことが可能です。インプラントの人工の歯のセラミックには、いろいろな種類のものがあります。ジルコニアと呼ばれる人工のダイヤモンドを配合した強度が強いものや、プラスチックと混ぜ合わせて作り上げたもの、金属と組み合わせて作られたものなどがあり、それぞれのものにメリットとデメリットがあるため医師と相談して作り上げていく必要があります。

↑PAGE TOP