インプラント欠けたら

インプラント欠けたら補修難しい

インプラントのセラミック欠ける

インプラントの治療によって取り付けることができるセラミック製の歯は、欠ける場合があります。硬いものを噛んでしまうと、割れてしまうことがあるため、あまり硬いものを食べないように注意する必要があります。インプラントの治療で取り付けられるセラミックには種類があり、強度がそれぞれ異なります。ジルコニア(人工ダイヤモンド)を入れたものなどの強度が高いものもあり、自分に合ったものを選んで治療をする必要があります。金属やプラスチックとのハイブリッドのものなどもあり、機能性や審美性が大きく異なるため、医師などにしっかりと説明を受けることが大切です。

人工歯の主流派セラミックです。

インプラントとは歯を失ったときに歯槽骨にボルトを埋め込みその上に人工歯を装着するというものです。その人工歯ですが、見た目もきれいで機能的にも優れているものが好まれます。インプラントはきちんとケアすれば半延久的に自分の歯と同様に使用できるものであるだけに審美性は求められて当然でしょう。今、最も使われているのがセラミックです。これは陶器のようなもので、変色せず審美的にも優れています。また汚れも付着しにくいというのが特徴です。が強度面に問題がありました。以前は内側に金属を使用したものが多かったのですが、技術の進歩に伴いオールセラミックという内側にも金属を使わないものが登場し、価格も下がってきたためこれが主流となっています。

↑PAGE TOP