インプラントについて

イオンプラントの種類セラミック

ジルコニアインプラント

インプラントは、歯を失った人に、入歯が簡単に外れないように、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むことです。人工歯根は、顎の骨にしっかりと結びつくように普通チタンが使われますが、口の中の酸や唾液の働きでチタンがイオン化して、アレルギーとなる人がいます。一般のインプラントの治療においては人工歯根はチタン、その上にアバットメントを載せ、被せる歯にセラミックを使用しますが、被せる歯に、ジルコニアを使用する場合もあります。この素材は、セラミックより強度が強く、生体への親和性のある人工ダイヤモンドです。最近は、チタンの金属アレルギーを起こす人には、人工歯根においてもジルコニアを使用する場合があります。

インプラント人口歯はセラミック

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋めこみ、中間部にアバットメントと言う結合部があり、その上にセラミック製の人工歯をかぶせたものです。インプラントの上に被せる人口歯ですが、全てセラミック(陶の一種)でできているものと、芯の部分に金属がつかわれているものがあり、金属が使われているものが強度も強いのですが、なかには、金属アレルギーの人もいますので、全て陶製にするかどうか、歯科医師と十分検討をすべきでしょう。さらに、人工歯根の治療は、保険がききませんので、治療そのものも材料も自費となり負担が大きくなることがります。

↑PAGE TOP